クライアントと恋に落ちる?!全米No.1マーケティングの原理原則

全米No.1Jay Abrahamから学ぶ原理原則

はじめましてー。実はブログ初登場のディレクター・Candyです。
先日マーケティング研究会『全米No.1 Jay Abrahamから学ぶ原理原則』に参加しましたのでレポートしたいと思います。

 

マーケティング研究会とは……

新しい仲間と出会い、新しい視座が広がり、成長と貢献を繰り返し、
BS(ビジネス)もPB(プライベート)もうまくいく
そんな六本木ヒルズ・森タワー49階の知の拠点、アカデミーヒルズのコミュニティです。
代表は株式会社Personal Marketing代表取締役の小磯卓也さん。

 

参加者の自己紹介コーナー

マーケティング研究会はディスカッション形式で進めるため、まずはお互いを知るために自己紹介から始めます。

  • インターネットインフラの会社にお勤めで、日本のベンチャーを応援したりもしているMさん
  • 化粧品会社の経理財務をご担当で、日本の若者を元気にしたいAさん
  • 地味なイメージだったYouTuberが意外とイケメンだったことに衝撃を受けているアプリ開発者のOさん
  • 電子デバイスの会社でマーケティング担当のTさん
  • 30年アメリカのIT企業に勤めており、今は国内のMBAに行きたい人の支援をしているYさん
  • フリーランスカメラマンのHさん
  • 広告代理店から独立、フリーランスコピーライターのMさん
  • 会計系のコンサルタントOさん
  • 恵比寿でセレクトショップを経営しているYさん……

全員は紹介しきれなかったのですが、皆さんとってもステキな方たちでしたー!ステキ過ぎて、まぶしすぎて、必死でメモをとっていたら気づいたら私の番になっていて、とても焦りましたw

 

Jay Abrahamと共学する

さて、今回のテーマのジェイ・エイブラハムについてですが、日本ではあまり知られていませんが全米No.1のマーケティング・コンサルタントです。470の業種に対して70億ドルもの利益をもたらしていると言われています。

マーケティングとは、売上をあげたり集客をするためでない。
マーケティングとはリーダシップである。
by Jay Abraham

 

Jayのどこが卓越しているのか。彼は470業界のすべてのクライアントに同じやり方だといいます。 Jayの卓越した理念とは、クライアントの信頼できるアドバイザーになること

 

信頼できるアドバイザーとは

ここで4,5人のグループに分かれてディスカッションしました。
個々が考える“信頼できるアドバイザー”をブレストしていき、最終的にグループの意見をまとめます。
ここで少しご意見を紹介。

  • 建設的な意見をくれる人
  • 視野を広げてくれる人
  • 人間的に信頼できる人
  • 一貫性がある人
  • 自分の意志で正しく選べるようにサポートできる人

なるほど!な意見がたくさん出てきて、とても勉強になりました。

discussion

 

あなたは自分のビジネスに恋をしていますか?

クライアントと恋するまではビジネスを愛していると言えない。
クライアントと恋に落ちなければならない。
by Jay Abraham

私たちは自社の製品、サービスに恋をしがちではないでしょうか。
一生懸命に考えて、時間を費やして創ってきたのですから。

私もマーケティングを学ぶ前はそうでした。

Jay曰く、製品サービスと恋をするのではなく、クライアントと恋をしなければなりません。

 

クライアントと恋に落ちる原理原則とは

自分自身がクライアントの立場で恋に落ちた経験から推測してブレストしてみました。
集った20人ほどのメンバーでもAppleに恋をしている人、ディズニーに恋をしている人、いろんな人達がいました。

  • 期待を上回るサービスを提供してくれる
  • 魔法をかけられて魔法を解かない
  • 恋とは選択肢がない状態
  • 恋と信頼を得ることは一緒
  • リスペクトされている…

なるほど、クライアントと恋に落ちるためには上記のようなことをクライアントに提供できれば良いわけです。
普段関わることのない業界の人、立場の人達と交流できただけで大変有意義な時間になったのですが、
しっかり全米No.1マーケティング・コンサルタントJay Abrahamから、またマーケティング研究会代表で主催の小磯さん、参加者の皆さんからマーケティングの原理原則を学ぶことができました。
皆様のお役にも立てば幸いです。
group
最後にJay Abrahamの「J」のサインで集合写真♪