Vagrant + Dockerハンズオンもやったよ // 第29回社内勉強会 #sa_study

IMG_4012

こんにちは。
恒例の社内勉強会ブログです。
今回も遠藤がお送りします。
さっそく本題に入ります。

LeapJS + Kearas.jsでじゃんけん

人間では判定できない101すくみじゃんけんをコンピュータに判定させたい for Keras.js(完) from KatsuyaENDOH

3回に渡ってついに完成しました。
こちらのGitHubリポジトリに公開してあります。
サーバを立ち上げたら、Leap MotionをPCに繋げてブラウザから、
アクセスすればLeap Motionで2本の手を識別して、
勝ち負け判定をしてくれます。
もし興味があったら動かしてみていただけると嬉しいです。

Laravel多言語化対応

みなさんグローバルしてますか?
次は柏木さんのLaravelを使った多言語化対応についてのお話でした。
例としてSNSサービス内で管理者が全ユーザにニュースを送信するケースが挙げられました。
最初に多言語化する際のデータ構造についてのお話があって、
次にexample.com/jaやexample.com/enなどのlocalesによるルーティングの実装、
最後にLaravel多言語化便利機能の紹介でした。
それぞれデモがあり、Laravelの勉強で作ったSNSを多言語化していました。
祝グローバル!

ローカル環境をVirtualboxとVagrantとDockerで作る

Virtualbox+vagrant+docker from Yukihiro Katsumi

最後に柏木さんの要望で、勝見さんによるVagrant + Dockerハンズオンをしました。
VirtualBoxとかVagrant、Dockerってなに?
Wikipediaには「Linuxカーネルにおける〜」とか書いてありますが、
とりあえずは今回はこんな感じで考えといていいみたいです。

  • Virtualbox
    • macとかwindowsでlinuxとかを動かす
    • ハイパーバイザ型の仮想化ツール
  • Vagrant
    • Virtualboxを使うツール
  • Docker
    • linuxでlinuxを動かす
    • コンテナ型の仮想化ツール

行った内容は勝見さんが用意しておいてくれたVagrantfileとDockerfile
などを元に、
Vagrant + Dockerを使った開発環境の構築です。

ちなみに実際に動かしたサービスは、
柏木さんがLaravelの勉強で作ったSNSでした!

まとめ

IMG_4013

正直、DockerやらVagrantやらは用意してもらったのを動かすだけで、
あまり触ったことがなかったので、
今回エラーとか吐きながらもしっかり触れたのはいい機会でした。

ではでは