3/26の「よくわかるAWS OpsWorksセミナー」でTV連動の事例をお話しさせて頂きました。

OpsWorks

 

3/26(木)にAmazon目黒オフィスで開催された「AWSプロダクトシリーズ|よくわかるAWS OpsWorks」(※1)(※2)で、『TV連動システムを支えるOpsWorks』という題目でバスキュールの濱崎さんと一緒に登壇させて頂きました。

(※1)http://kokucheese.com/event/index/270160/
(※2)http://aws.typepad.com/sajp/2015/04/opsworks-seminar-material.html

 

会場の様子はこんな感じでした(@shinodogg さんのツイート埋め込みです)。天井のドアにびっくり。

 

ADSJさん、バンナムさん、Gunosyさん、バスキュールさんといった知名度の高い企業さんと並んでいいのかしらと恐縮しながらも、バスキュール濱崎さんのご協力もあり、なんとか無事にお話できたのかなと思います。

当日の発表資料はこちらです。

TV連動システムを支えるOpsWorks from Mayu Hamazaki

 

内容としては、バスキュールさんとご一緒させて頂いているTV連動セカンドスクリーン案件でAWS OpsWorksを利用しているという事例紹介がメインです。

テレビ連動の案件は、単発もので運用のないケースが多く技術的負債は発生しにくいですが、特定の時間帯だけ異様にアクセスが多くなるため瞬発力が必要になるケースが多いです。

AWS OpsWorksは、サーバーのスケールアウトやスケールインの自動化、開発環境の構築の容易さにアドバンテージがあってとても便利ですよというお話をさせていただきました。

負荷テストのjmeter-serverのサーバ構築に使ってたりもするので、同様な構成のサーバを複数台準備しなければならない状況だと、AWS OpsWorksはとても重宝しています。

TV案件に限らず、アルカナでAWSインフラを使ったサーバ構築は、最近だとほとんどOpsWorksを使うことにしています。

そんなわけで、アルカナではOpsWorksを使ってみたいエンジニアも募集していますので、ご興味があれば是非お問合せフォームからご連絡くださいませ。

バスキュールさんでもエンジニア募集しているとのことなので、そちらも併せて是非どうぞ☆