「Mobingi moCloud ハンズオン」に参加してきました。 #mobingi #mocloud

IMG_3497

 

こんにちは、エンジニアマンの吉田です。

2016/1/22(金)に高円寺のヴァル研究所さんで開催された「Mobingi moCloud ハンズオン」というイベントに参加してきたので、ゆるふわなレポートをしてみたいと思います!もう一度言います、ゆるふわですよ?

■Mobingi moCloud ハンズオン – Mobingi Community(JP) | Doorkeeper
 https://mobingi.doorkeeper.jp/events/37092

 

Mobingiって?

Mobingiは、2015年1月の設立で、Open Network Lab 第9期から輩出されたスタートアップです。

クラウドのライフサイクルを全自動化しようとしていて、Mobingi Enterprise for AWSというSaaSや、moCloudというPaaSを展開しています。

アルカナのような中小のWeb制作企業が求めているようなプラットフォームで、堀内康弘さんや吉田真吾さんもジョインされていて、これからが非常に楽しみなスタートアップです。

Mobingiについては、THE BRIDGEに掲載されていた以下の記事が端的にまとまっていてわかりやすかったので、こちらの記事をご参照いただけると良いかもしれません。

■クラウド自動化のMobingiが、500 Startupsから12.5万ドルを調達——堀内氏や吉田氏ら、クラウドエキスパートがジョイン – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
 http://thebridge.jp/2015/11/mobingi-fundraises-from-500-startups

 

ハンズオン会場

IMG_3476

今回のハンズオンの会場は、あの「駅すぱあと」でおなじみのヴァル研究所さんです。

アルカナのある荻窪から2駅の高円寺にあるので、勝手に親近感を沸かせています。杉並区バンザイ。

さて、会場に入るとこんな感じの受付でして、

IMG_3477

「おお…これは、Mobingiさんのブログで拝見していたもっちーさんでは…!!」
と、一人で勝手にテンションがあがります。
(お写真撮らせて頂いてありがとうございました)

受付から奥に進むと、会場です。こんな感じです。シャレオツです。シャレオツで集中できる自信がありません。

IMG_3478

IMG_3480

 

ハンズオン開始!

今回のタイムスケジュールは、こんな感じでした(たぶん、たぶんね)。

  • 18:30: 開場
  • 19:00-19:05: ヴァル研究所のご紹介 by 内田学さん
  • 19:05-19:20: Mobingiについて by Waylandさん
  • 19:20-19:50: moCloudハンズオン(前半) by 堀内康弘さん
  • 19:50-20:00: 休憩
  • 20:00-20:30: moCloudハンズオン(後半) by 吉田真吾さん
  • 20:30-21:00: Davidさんの自己紹介 by Davidさん

 

ヴァル研究所のご紹介

まず、最初は内田学さんより、ヴァル研究所さんについてご紹介。
駅すぱあとにはお世話になっておりますよね。

IMG_3482

お話を聞いてびっくりしたのは、ヴァル研究所の社員の方がいれば、なんと会場提供していただけるとのこと!
勉強会などで場所に困っている場合に、ぜひご相談したい次第でございます。

内田さんはJAWS-UGによく出没されているとのことでしたが、アルカナの落合も以前「JAWS-UG中央線第2回勉強会」でLTしゃべってた気がします。そのときも確かヴァル研究所さんだったような…。

と思ってググってみるとクラスメソッドさんのブログにまとまっておりました。クラメソさんさすがです。

■参加レポート:JAWS-UG中央線第2回勉強会 | Developers.IO
 http://dev.classmethod.jp/etc/jaws-ug-chuosen-no2/

 

Mobingiについて by Waylandさん

IMG_3483

Mobingi CEO Waylandさんより、Mobingiについての紹介です。

まずは、ショートヒストリーの紹介。

  • 2015/01にMobingi株式会社を設立
  • 2015/10に 500 startups バッチ15 に選出(唯一の日本企業)
  • 2015/11にシードラウンドの資金調達を達成
  • 2016/01に週刊ダイヤモンドに掲載
  • そして、本日Mobingi初のハンズオンイベントの開催。

Mobingi は、クラウドのライフサイクルマネジメントを全自動化がミッションとのこと。

IMG_3487

IMG_3488

これはもう片手間でインフラを構築しなければならない状況になりがちな小さなWeb系企業にとっては
本当に実現して頂きたい次第でございますので、切実にミッションが達成されることを祈っております。

もう毎日祈っちゃう。

 

moCloudハンズオン(前半) by 堀内康弘さん

IMG_3490

続いて、堀内さんによるmoCloudハンズオンです。

moCloudのハンズオンは、事前にスライドが用意されていたので、こちらを参照しながら進めました。

mocloud.io ハンズオン サインアップから初めてのスタック作成まで from Yasuhiro Horiuchi

 

ハンズオン参加の特典(?)として、プロモーションコードが用意されていて、本来は有償でなければ利用できない「タイプ1サーバー」などをハンズオンでは利用することができました。

moCloudのサインアップに始まり、アプリケーションの作成、デプロイまで一連の体験ができるハンズオンです。moCloudでは、3日間だけインスタンスが起動できる無料のタイプと、ロードバランサで負荷分散された構成でインスタンスを起動することができる有料のタイプが選択できます。負荷分散が可能なインスタンスタイプを選択すると、オートスケールの最小台数と最大台数の指定が可能です。 

また、moCloudを他のPaaSと比べて特徴的なのは、Dockerのコンテナイメージを利用できることでしょうか。予め用意されているイメージから起動することもできますが、自分でDockerのイメージを用意することも可能です。ただ、Dockerのイメージをつくるときは、moCloudの流儀にそった形で作成しないと動かないので、その点は注意が必要そう。

データベースについても、MySQLとPostgreSQLから選択することが可能で、DBオプションを選択した場合はエンドポイントが提供されます。ちなみに、内部的にはRDSが使われているとのこと。リードレプリカも簡単に設定できちゃいます。そして、データベースは内部的にロードバランスされるとのことで、参照系と更新系を意識せずにアプリケーションの実装ができるみたい。ステキです。

 アプリケーションを作成すると、「リソース」「コード」「メトリクス」「アクティビティ」「ログ」「設定」といった画面があります。

  • 「リソース」では、インスタンスのPublicIPやインスタンスの起動状態を確認することができます。
  • 「コード」では、ソースコードのリポジトリを指定することができます。Githubと連携してリポジトリを選択することもできるし、独自のリポジトリを指定することもできます。
  • 「メトリクス」はCPU使用率などの情報をみることができます。これは、無料版のインスタンスでは見れません。
  • 「アクティビティ」では、起動やデプロイなど、インスタンスに発生したイベントの履歴をみることができます。
  • 「ログ」では、インスタンスにログインすることなく起動ログなどを見ることができます。15秒ごとにリフレッシュされるとのこと。
  • 「設定」では、アプリ名変更したり、環境変数を設定することができます。内部ではCloudFormationが使用されているとのこと。

ちなみに、コンフィグレーションのエクスポートができるので、かんたんにコピーをすることもできるみたい。これは嬉しい。

そんな感じで、moCloudでスタックを作成して、ソースコードをデプロイするまで、という流れを体験できるハンズオンでした。ちなみに、デプロイ時には内部的にBlue-Green Deploymentがなされているとのことです。簡単にDevOpsな環境が構築できるのは嬉しいですね。完成度があがったらOpsWorksからmoCloudに乗り換えたい気持ちです。

 

moCloudハンズオン(後半) by 吉田真吾さん

IMG_3491

吉田真吾さんのハンズオンでは、2つのハンズオンがありました。

1つは、「ProcfileでNode.jsアプリをデプロイしよう」というもので、もう1つは、「SlackでHubotを動かそう」というものです。

「ProcfileでNode.jsアプリをデプロイしよう」では、moCloudにProcfileに対応したコンテナイメージが用意されているので、そのコンテナを使用して、GithubにあるProcfileに対応したコードをデプロイし、HelloWorldを表示するというデモです。具体的な手順については、吉田真吾さんのブログにかいてあるので、こちらを参考にすると良さそうです。

■moCloudでProcfileを使ってNode.jsアプリを動かす
 http://yoshidashingo.hatenablog.com/entry/2016/01/06/200919

「SlackでHubotを動かそう」の方では、PHP+Apacheのスタックを選択してHubotサーバを構築し、それをSlackと連携させてbotを動かしてみるという感じの内容です。こちらも、ブログで記事がまとめられていますので、参考にしてみてください。

■moCloudでHubotを動かしてSlack上で遊ぼう
 http://yoshidashingo.hatenablog.com/entry/2015/12/15/105841

 

Davidさんの自己紹介

DavidさんはMobingiのCTOで、以前はゲームのプラットフォームなどの開発をされていたとのこと。
クラウドのライフサイクル構築を自動化したい熱いキモチを感じました。

Davidさんの写真を撮り損ねてしまったのですが、MobingiさんのブログでもDavidさんに会うことができます。

そして、アニメが大好きということで、こちらは今期オススメの3作品とのこと。

IMG_3495

(わたしがアニメの知識不足で話についていけなかったのですけども情熱は伝わりましたとも!)

 

懇親会

IMG_3493

最後に、おピザとおビールをご相伴にあずかりながら、懇親会でございました。

moCloudに関して、質問などやりとりさせて頂いていたWaylandさんともっちーさんにご挨拶ができてよかった。

 

ステッカーとパンフをいただいたので、ステッカーは早速貼りました。わーい。

IMG_3512

IMG_3513

 

デワデワ。