ルワンダに行って来ました // 第30回社内勉強会 #sa_study

image (8)

こんにちは。
遠藤です。
今回も10月26日に行われた社内勉強会のブログを書いていきたいと思います。
投稿遅くなっちゃってすみません。
ちなみにブログのタイトルは「ルワンダに行って来ました」ですけど、
自分は行ってないです。

今回は記念すべき30回目になりました!
2016年2月8日に第1回社内勉強会が開催されてから、
どうやら629日が経つみたいです。
だいたい1年と8,9ヶ月くらいですかね。
今は月1回開催なのでこのままいったら第100回は2023年の夏頃になるみたいです。
先は長いようなそうでもないような感じですね。

また、今回は大学生の軽部くんが遊びに来てくれました!
実は前々回も遊びに来てくださったのですが、
その時はブログに書いていいか聞き忘れてしまっていました。

前置きが長くなっちゃいましたがそろそろ勉強会の報告に入ります。

Tango Constructorから出力したモデルをちょこっと綺麗にする

Tango Constructorから出力したモデルをちょこっと綺麗にする from KatsuyaENDOH

最初は自分がTangoで作ったモデルを少し綺麗にする話をしました。
方法はMeshLabというアプリケーションを使って頂点の結合、平滑化をします。
最終的にその作業をスクリプトに記録して、コマンドから実行も可能になります。
もし良かったらスライドの方を見てみてください!

ルワンダのIT視察レポートだよ

ルワンダの IT視察レポートだよ #sa_study from Shinichiro Yoshida

次に吉田さんのルワンダのIT視察レポートでした。
ルワンダの概要は……

ルワンダ共和国(ルワンダきょうわこく)、通称ルワンダは、中部アフリカに位置する共和制国家。内陸国であり、西にコンゴ民主共和国、北にウガンダ、東にタンザニア、南にブルンジと国境を接する。首都はキガリで、イギリス連邦加盟国でもある。
アフリカで最も人口密度が高い国である[2]。

Wikipediaより

こんな感じです。
そんなルワンダは2000年から「VISION 2020」という⻑期計画を立てています。
その一環としてICT立国として力を注いでいます。
スライドの引用ですが、訪問企業で聞いた感じの雰囲気は……

• 全体的にJavaが多いような印象
• Play FrameworkとかMyBATISとか普通に
• あとはPHP、MySQL、Apache Derby、Ionic、React Nativeとか
• PHPだと、Yii Frameworkを使っているところがちらほら
• 日本とそこまで大差ないんじゃないかという雰囲気

こんな感じだったそうです。
スライドは70ページありますがそれでも足りなかったようです。
興味がある方は是非見てみてください!

ちなみにサファリではシマウマをそこら中で見かけたり、
ゾウがいると危なくて車も進めないみたいです。

まとめ

IMG_6672

こんな感じで第30回目の社内勉強会ブログをまとめようと思います。
吉田さんのルワンダレポートもあって30回にはちょうど良かったのではないでしょうか。
ちなみに次回の社内勉強会はIchigoJamを使ったBASICプログラミングをやるとかやらないとか。
自分はBASICはWebサービスで少し体験したことしかありませんが、
たまには歴史ある環境を触るのも面白いですよね。

写真は勉強会後にPS VRをやっている勝見さんです。

ではでは。